錦光山和雄の「粟田焼&京薩摩」Blog

京都粟田窯元で「京薩摩」の最大の窯元であった錦光山宗兵衛の孫によ

大阪薩摩・藪明山の新たなる発見&知見

 

f:id:woodsidepark60:20210414133327j:plain

平成記念美術館ギャラリー「藪明山の世界」展より

 私が敬愛しております大阪歴史博物館学芸員の中野朋子さまより大阪歴史博物館・研究紀要(第19号)掲載の論考をご恵送たまわりました。

 そこには中野朋子さまが長年研究されてこられた藪明山の新しい知見・発見が記述されており、その成果に目をみはるとともに、とても嬉しく思いました。

 

f:id:woodsidepark60:20210414134935j:plain

  中野朋子さまは、大阪歴史博物館「近代大阪職人図鑑」所収の「アートプロデューサーの先駆け 藪明山」において、

 「藪明山(1853~1934)の日本における知名度は必ずしも高いとはいえないが、国外ことに欧米において”YABU MEIZAN”は明治日本の”SATSUMA”を牽引した作家のひとりとして高く評価されている」と述べ、

 海外で藪明山が高く評価されている要因のひとつとして

 極小の器胎に施された精巧な上絵付にあるが、その精巧な上絵付を実現するために、藪明山工房では凹版銅版による絵付技法を導入していたことに触れ、

 藪明山は自身では絵付を行わず、工房経営者として独自の図案を考案、絵付の品質管理・効率化を進めた、先覚者的なアートプロデューではなかったかという画期的な論考を発表しておられます。

 

f:id:woodsidepark60:20210418054825j:plain

大阪歴史博物館

f:id:woodsidepark60:20210414142537j:plain

藪明山「花づくし花瓶」

平成記念美術館ギャラリー「藪明山の世界」より

YABU MEIZAN

 

f:id:woodsidepark60:20210417001642j:plain

同上

f:id:woodsidepark60:20210417001743j:plain

藪明山「稲荷明神正月図窓絵飾皿」

平成記念美術館ギャラリー「藪明山の世界」より

YABU MEIZAN

 

   今回、論考「『陶画工』藪明山とその作品制作ー銅版を活用した下絵転写技法に関する一試論ー」において、

 中野朋子さまは、新出史資料を得たこと、新たに器胎表面をデジタルカメラやマイクロスコープで撮影・観察を試みた結果、素地に黒インクを圧着した印刷紙圧着法だけでは説明できない釉薬の変質が確認されたという。

 さらに、『陶業時報』のなかに京都の銅版師村上吉次郎(昇進堂)という人物がおり、彼が大阪の辻惣支店の高木文五郎と相談して新しい転写技法を開発したという知見を得て、

 素地表面の釉薬が軽く溶解する程度のごく低温で焼成を行い、転写紙を素地の表面に貼り付け、低温の窯に入れてそのまま焼くことで、ごく細密な描線を確実に転写した可能性があるのではないか、

 との従来の定説をくつがえす、新しい試論を提示し、今後実証実験を実施して検証を進めていきたいとされている。

 さらに中野朋子さまは、藪明山作品の緩衝材として詰められた「反古紙」のなかにあった新出の「藪家文書」から、

 嘉永元年(1848)、大阪生まれの銅版画家・銅版彫刻家の若林長英と藪明山との間に取引が存在していたことが判明した、という新しい発見があったことが書かれています。

 これらは非常に重要な発見であり、今後のさらなる解明が待たれるところであります。

 

 

f:id:woodsidepark60:20210414155333j:plain

藪明山「大輪牡丹蝶文花瓶」

平成記念美術館ギャラリー「藪明山の世界」より

YABU MEIZAN

 

f:id:woodsidepark60:20210416235637j:plain

藪明山「風景図菊詰双耳三足香炉」

平成記念美術館ギャラリー「藪明山の世界」より

YABU MEIZAN

 

f:id:woodsidepark60:20210417001948j:plain

藪明山「緋連雀図口細花瓶」

平成記念美術館ギャラリー「藪明山の世界」より

YABU MEIZAN

 

   

f:id:woodsidepark60:20210417002257j:plain

藪明山「桜並木風景図飾皿」平成記念美術館ギャラリー「藪明山の世界」より

YABU MEIZAN

f:id:woodsidepark60:20210417043706j:plain

藪明山「藤絵菊詰金襴手花瓶」

平成記念美術館ギャラリー「藪明山の世界」より

YABU MEIZAN

    わたしは、このブログの記事「錦光山と藪明山」のなかでも触れていますが、錦光山宗兵衛の「色絵金彩花鳥文四方瓶」(下の画像参照)の紅葉の図案と、ナセル・D・ハリリの「SPLENDORS OF MEIJI」に掲載されている藪明山の図案がよく似ていることから、藪明山と京都の絵師たちとの間にどのような関係があったのだろうかと大変関心を持っています。

 河合りえ子さまも関心をお持ちのようで、錦光山と藪明山の作品の裏印を見てみたいとのことで、錦光山の一風変わった裏印を見つけて送ってくれました。

    

 

f:id:woodsidepark60:20210415140617j:plain

河合りえ子さまより

 中野朋子さまも、

  今回の論考のなかで「『藪明山ブランド』の制作は明山の工房内のみ行われていたわけではなく、京都・粟田口ほかへの『外注』にも支えられていた可能性がある」とし、詳細については別稿にて報告すると書かれています。 

 まさに大阪の藪明山と私の祖父錦光山宗兵衛が窯を開いていた京都・粟田口との間でどのような展開があったのか、大阪薩摩と京薩摩の見えない糸が繋がるのかどうか、考えるだけでもワクワクドキドキいたします。

 なお、先程、粟田口という地名が出てきましたので、粟田口の窯元であった錦光山宗兵衛の作品「花鳥図薩摩大花瓶」も掲載いたします。

 このところ、コロナ禍で変異株が急増しておりますので、中野朋子さまにはご自愛をお祈りいたしまして、研究の一層の進展を願ってやみません。首をながくしながらも、楽しみにお待ちしたいと思います。

 

f:id:woodsidepark60:20210414162312j:plain

錦光山宗兵衛「色絵金彩花鳥文瓶」錦光山和雄家蔵

KINKOZAN SOBEEⅦ

 

 

f:id:woodsidepark60:20210414162527j:plain

f:id:woodsidepark60:20210417045119j:plain

七代錦光山宗兵衛「花鳥図薩摩大花瓶」

KINKOZAN SOBEEⅦ

f:id:woodsidepark60:20210417044004j:plain

七代錦光山宗兵衛「花鳥図薩摩大花瓶」

KINKOZAN SOBEEⅦ


f:id:woodsidepark60:20210414162543j:plain

f:id:woodsidepark60:20210414162611j:plain

藪明山「色絵金彩紅葉図花瓶」

YABU MEIZAN VASE 「SPLENDORS OF MIIJI」より

 

    ©錦光山和雄 All Rights Reserved

 

 

 

#藪明山 #大阪薩摩 #大阪

大阪歴史博物館  #中野朋子

#焼物 #陶磁器 #工芸

#錦光山宗兵衛 #粟田焼 #京焼 #京薩摩

#SATSUMA #POTTERY

 

追憶のオーガスタ

 

f:id:woodsidepark60:20210414100102j:plain

 松山英樹がマスターズトーナメント優勝という快挙をなしとげた。

 TV画面を見ていて、オーガスタの記憶がよみがえってきた。

 2005年4月7日から10日、米ジョージア州オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブで開催されるマスターズトーナメントを見れることになった。オーガスタで泊まったホテルは、線路の近くで、明け方ちかくに列車が通ると、プッポー!とラッパのような汽笛が鳴り、目がさめた。

  オーガスタの天気は気まぐれで、その日も雨でなかなかはじまらなかった。ようやく雨があがり、会場にいくと白亜の建物がむかえてくれた。

 

f:id:woodsidepark60:20210414101445j:plain

 

 参加証を首にさげて、会場でウロウロしていると、初老のアーノルド・パーマーがゲストにサインをしているので、わたしも帽子にサインをしてもらった。

   コースのほうに出てみると、小高い松の樹々のしたに青々とした美しい芝生がひろがり、馬糞のにおいがした。芝を養うために土に馬糞をまぜているのかもしれない。初めてなので、全体のロケーションがわからないので、とりあえず一番ホールにいってみた。

 

f:id:woodsidepark60:20210414101840j:plain

 

 人垣を縫って、前に出て待っていると、タイガー・ウッズの番がやって来た。当時29歳の全盛時のタイガー・ウッズである。

 タイガー・ウッズは、ドライバーショットを打つまえに何かつぶやいているように見えた。あとでガイドの人に聞いてみると、あれは”Bless me!"とつぶやいているという。真偽のほどはわからないが、何かに祈りを捧げているように見えなくもなかった。

    タイガーのドライバーショットは信じられないような勢いで青空に吸い込まれるように、はるか遠くに飛んでいった。早速、タイガーの”追っかけ”をしようと思ったが、タイガー・ウッズは早足でファウェーを歩いていくのでとてもついていけない。

 オーガスタ・ナショナルはよく手入れされた素晴らしいコースであるが、もっとも美しいのは、やはりアーメンコーナーといわれる、十一番、十二番、十三番ではなかろうか。 

 燃えるような紅や赤、白のアザレアが咲き誇る植栽をバックに、緑の芝生のところどころに、クリークが張り巡らされた一帯は、まさに神に祝福された聖地のように美しい。アザレアの花言葉は"恋のよろこび”というらしいが、このアーメンコーナーは数々の悲劇がくりかえされた名物ホールでもある。わたしもその光景に見惚れたように、一番長くいたように思う。

 

f:id:woodsidepark60:20210414103013j:plain

 

 最終日、なだらかな丘のような十八番ホールの上で緑の布とスチールパイプでできた携帯用の椅子にすわってタイガーがあがってくるのを待った。C.デイマルコとのプレーオフの末、タイガーが勝利した瞬間、ゲストが大歓声をあげて、スタンディングオベーションで祝福する。アスリートは、超絶的なパフォーマンスによって人々を熱狂させるが、タイガー・ウッズもその例外ではなかった。

 今回、その栄誉を松山英樹が受けたことは、とても素晴らしいことと思われる。

 

f:id:woodsidepark60:20210414103458j:plain

 

 その晩、オーガスタ・ナショナルのロッジで食事をした。今年のマスターズでは実況担当したTBS小笠原亘アナウンサーが感極まり55秒間沈黙したことが話題になったが、1976年以来マスターズを中継してきたTBSの社長や解説の中島常幸氏、また、なかにし礼ご夫妻(?)もいらした記憶がある。

 その後、オーガスタではマスターズの見学だけだったので、その年の全米オープンが開催される地まで飛んで、開催コースのPINEHURSTでプレーさせたもらった。いうまでもなく、結果は散々であった……。

 

f:id:woodsidepark60:20210414104615j:plain

f:id:woodsidepark60:20210414104716j:plain

 

f:id:woodsidepark60:20210414120430j:plain

 

  ©錦光山和雄 All  Rights  Reserved

 

    #松山英樹 #オーガスタ #マスターズ #タイガー・ウッズ

    #TBS

 

英語の本と苫米地英人博士、ヤングマガジン

 

f:id:woodsidepark60:20210407201146j:plain

 

 語学系出版社に加えまして、昨秋からまったく畑違いの若者向けのヤングマガジン&Webマガジンに関与することになりましたので、ご案内させてもらいます。

 語学系出版社では、良書の出版に努めてきたこともありまして、斬新な言語学書である「認知言語学の大冒険」、ハリーポッター・シリーズで有名な女優のエマ・ワトソンのスピーチを扱った「エマ・ワトソンの国連スピーチを英語で読む」、丸善丸の内本店の「丸の内語学塾・語学書部門」で3位になりました「大学で英語を教える父が高校生の娘に贈る プレミアムな英文法・熟語」などが大変好評を博しております。

 

f:id:woodsidepark60:20210407202322j:plain

 

f:id:woodsidepark60:20210407202352j:plain

f:id:woodsidepark60:20210407202414j:plain


 また一般書では、脳機能学者でコーチングの世界的権威であります苫米地英人博士の「苫米地英人コレクション」シリーズ3巻の「頭のゴミを捨てれば、脳は一瞬で目覚める」、苫米地式コーチング認定グランドマスターコーチの田島大輔著・苫米地英人監修「マインドの教科書ー自分が変われば、世界が変わる」がともにベストセラーになっております。

 

f:id:woodsidepark60:20210407203209j:plain

 

 なお、コロナ禍でキャリアアップ&収入アップをめざして、苦労しながら日々英語の勉強をしている方々を応援するために、語学書を毎月、抽選でプレゼントするキャンペーンを行っています。ご興味ある方は下記をご覧ください。

 Twitterの「開拓社広報」 @hAKr43LUDit658

 また苫米地英人博士は、毎週月曜日午後9時からの地上波9チャンネルのMXテレビバラいろダンディ」で、毎週ではないですが、普通のメディアでは絶対聞けないような貴重なお話をされているので機会があれば視聴されたらいいのではないかと思われます。

 一方、ヤングマガジン&Webマガジンの方は、雑誌「月刊サイゾー」同電子「サイゾープレミア」のほか、Webマガジンとして、

①日刊サイゾー②ビジネス・ジャーナル

サイゾーウーマン④WEZZY(ウエジー

⑤ウーコミ⑥GJ⑦メンズサイゾー

⑧関連会社の「エンタMEGA」

などを出しています。Webマガジンはもちろん無料で視聴できます。

 月刊サイゾーは有料ですが、お蔭様で、最新号の3月号は、内閣府クールジャパンアンバサダーに任命されているコスプレイヤーのえなこさんのポスター付きのAmazon限定版は完売となっています。

 サイゾーでは次々と新しい企画を考えているようですので、皆さま楽しみにお待ちいただくようにお願いいたします。

 

 

f:id:woodsidepark60:20210407205253j:plain

 

 

 ©錦光山和雄 All Rights Reserved

 

  #苫米地英人 #開拓社 #田島大輔 #サイゾー #えなこ

 #コーチン

 

 

「錦光山宗兵衛伝」の秘密

f:id:woodsidepark60:20210217132230j:plain

「京都粟田焼窯元錦光山宗兵衛伝」

 
 「錦光山宗兵衛伝」の秘密とはなにか。

 秘密といっても自らの不手際をさらすようなもので決してほめられるようなものではありません。

 まず冒頭の画像をご覧ください。そこに拙著「京都粟田焼窯元錦光山宗兵衛伝」の表紙をふたつならべてあります。よく見比べていただきたいと思います。違いがおわかりになりますでしょうか。

 

 正解は「錦光山宗兵衛伝」の文字が左側が金箔、右側が銀箔になっているということであります。

 なぜこのようなことになったのかと申しますと、当初、この部分は白抜きにしようと考えていたのですが、拙著のなかで触れておりますように「茂兵衛氏の代に幕府の御用達となり、錦色燦爛(さんらん)とした見るも見事な絵模様の陶器を納めたのでその時から特に錦光山の姓を与えられこれを称するに至った」と錦光山と金彩とは縁が深いこともあり、その錦光山の評伝であれば金の箔押しにしたほうが良いのではないかと思いいたりました。

 そこで色味を調べまして、村田金箔の艶消し金NO.105が気に入り、その金を箔押しにすることにしたのですが、あいにく印刷会社の方にその在庫がないということで、仕方なく銀の箔押しにすることといたしました。銀の箔押しにしましたところ、銀は銀で闇夜に輝く月のごとく冴えた色合いがあり、それはそれで魅力的に感じられましたので印刷にかけました。

 ただ錦光山と金とのむすびつきを考えますと、なにか釈然としませんでしたので、迷った末に費用はすべてこちらで持ちますのでということで、印刷会社に一旦500部で印刷を中止してもらい、村田金箔の艶消し金NO.105を10キログラムばかり仕入れてもらい、残りはすべて金の箔押しで印刷いたしました。

 こうして「京都粟田焼窯元錦光山宗兵衛伝」は金の箔押しと銀の箔押しという微妙に違う本が流通することになったのであります。

 

 この金の箔押しと銀の箔押しの両方の「錦光山宗兵衛伝」をお持ちの方はいないと思いますが、ひとりだけいらっしゃるのです。そのかたは当時、大学院で京薩摩を研究されていて、2018年11月に初めてお会いしたときに、私の拙著をぼろぼろになるまで読み込んでおられて、わたしはそこまで読んでいただいたことにいたく感激・感動して、持っておられなかった金の箔押しの拙著をお贈りさせていただいたのです。

 その方、原さんは錦光山宗兵衛の「花尽くし」を主に研究されて、その生成過程やヨーロッパや中国との関係、製作時期を推定した素晴らしい論文を書かれました。その内容は公表されておりませんので、ご紹介できないのは残念ではありますが、わたしはとても素敵な業績とリスペクトしております。

 

f:id:woodsidepark60:20210218101954j:plain

原さまと宗兵衛伝

f:id:woodsidepark60:20210217151109j:plain

原さまと宗兵衛伝

f:id:woodsidepark60:20210217151320j:plain

原さまの論文

  次に秘密というよりも、偶然といったほうがいいかと思いますが、わたしが拙著を上梓いたしましたのが2018年2月13日で、その日はわたしの祖父の七代錦光山宗兵衛の生誕150年の誕生日と重なったことです。

 それはまったくの偶然なのですが、あまりにも出来過ぎていて、なにか目に見えない力に導かれたような運命的なものを感じました。

 そしてその日から3年が経ったいま、わたしは「錦光山宗兵衛伝」の姉妹編ともいうべき、錦光山宗兵衛をめぐる家族および女性たちを描いた外伝的なものを上梓できたらと考えております。

 

 

 最後に拙著の表紙について触れましたので、内容についても目次とプロローグの引用という形で触れさせていただきたいと思います。すでに拙著をお読みのかたは下記は省略でお願いいたします。

 目次は下記の通りです。

 

f:id:woodsidepark60:20210217171925j:plain

 

 次にプロローグを引用いたします。

 ロンドンでの運命的な宗兵衛との出会い

 錦光山宗兵衛といってもいまや知る人はほとんどいないであろう。錦光山宗兵衛というのは京都粟田焼の窯元である。その子孫である私にとっても、錦光山宗兵衛および粟田焼はもはや歴史の遥かかなたに没したワンダーランドとなっている。そんなワンダーランドとなってしまった錦光山宗兵衛の作品と私の出会いは妙なところで始まった。

 それは1988年11月、ロンドンのクリスティーズのオークションの下見の部屋であった。私は1987年8月にロンドンの和光証券(現みずほ証券)の現地法人ワコー・インターナショナル・ヨーロッパに赴任し、当時、機関投資家相手の日本株セールスを担当していた。十数名の機関投資家のファンド・マネージャーが私の顧客であったが、そのなかにトウシュ・レムナントの取締役のマイケル・ワットさんという英国シティの古典的なバンカータイプの気難しい客がいた。ワットさんは私の英語があまりうまくないこともあり、私をブローカーとしてほとんど相手にしてくれていなかった。そのワットさんから、ある日突然、「今度、クリスティーズで日本の陶磁器のオークションがある。そのなかに錦光山の作品があるから一緒に見に行かないか」という誘いを受けた。私は耳を疑った。皮肉っぽいワットさんからそんな誘いがあるとは夢にも思っていなかったのである。

 11月9日、私はキングストリートにあるクリスティーズの玄関前でワットさんと待ち合わせて、クリスティーズの重厚な建物のなかに入って行った。左手に近く開催される「ジャパニーズ・ワークス・オブ・アート」というオークションにかけられる陶磁器や工芸品が展示されている部屋があった。私が目を凝らして見ていくと、陳列棚のなかに錦光山宗兵衛の作品が二つ陳列されていた。二つとも19世紀の作品で、ひとつは秋草模様の花瓶であり、もうひとつは牡丹を眺める婦人像の花瓶であった。それは、海外で私が初めて見た錦光山宗兵衛の作品であった。

 私が錦光山宗兵衛の陶磁器がロンドンのオークションに出ていることに驚いていると、ワットさんが「いまでも錦光山の陶磁器は、キンコウザン・ウエアとしてロンドンで流通している」と言った。それは私にとって衝撃であった。歴史のなかに没していたと思っていた錦光山宗兵衛の作品が古美術品として現在もなお流通し売買されているのだ。なぜ日本では忘れ去られてしまった錦光山宗兵衛の作品が海外では取引されているのだろうか。不思議だった。その後、私が1991年12月に帰国するまでの間、クリスティーズの「ジャパニーズ・ワークス・オブ・アート」は1989年3月、1990年3月と定期的に開催され、サザビーズでも1991年3月に「ジャパニーズ・ワークス・オブ・アート」が開催された。

 1980年代の後半は、日本経済のバブルの絶頂期であり、ロンドン全体が日本企業のファイナンスで沸き立つような活況を呈していた。私の連日サイニング・セレモニーに参加していた。そうした熱狂的な喧噪の真っ只中で、私はふとイギリス人はなぜこんなに古いものを大切にするのだろうかと思った。日本は、明治維新以降、遅れてきた資本主義国として近代化に狂奔し、古いものには価値がないものと見なし、新しい物の製造に邁進してきた。しかし、もしかしたらそれは日本の資本主義の底の浅さを表しているのではないだろうか。そんな疑問が湧いてきた。私はロンドンでバブルの余韻に酔いしれながらも、どこかで夏目漱石が明治44年に「これを一言にしていえば現代日本の開化は皮相上滑りの開化であるという事に帰着するのである」と述べているような感じを抱いていたのかもしれない。

 そんなある日、私はいつかワンダーランドとなってしまった錦光山宗兵衛の世界へ遥かなる旅に出てみようと思うようになっていた。京都で将軍家御用御茶碗師であった錦光山宗兵衛の陶磁器が、なぜ、いまロンドンで流通しているのか、どのような経緯でそのようなことになったのか、その歴史をひもといてみようと思ったのである。それは、私の出会ったことのない曾祖父と、祖父の錦光山宗兵衛との邂逅(かいこう)の旅でもあるだろう。

f:id:woodsidepark60:20210217182649j:plain

  

 

  〇©錦光山和雄All Rights Reserved

 

    #京焼 #粟田焼 #京薩摩 #焼き物 #陶芸

 #錦光山宗兵衛 #錦光山和雄

 #pottery

「アートがわかると世の中が見えてくる」拝読記

f:id:woodsidepark60:20210131213428j:plain

前崎信也著「アートがわかると世の中が見えてくる」

   京都女子大学准教授の前崎信也先生の「アートがわかると世の中が見えてくる」を読んで、久しぶりに目からウロコが落ちる思いがしました。前崎信也先生のこの本で目からウロコが落ちたことはいくつかありますが、それは読んでみてからのお楽しみということで、ここでは二つに絞って取り上げさせて頂きたいと思います。そのひとつは、歴史的に見ると、優れた美術品は権力者や富者および宗教施設に集まるというものです。現代ではこれに博物館、美術館をくわえることができるでしょう(これも前崎信也先生の本を読んで目からウロコが落ちることのひとつです)。これは身も蓋もない話のように思われるかもしれませんが、やはり歴史的事実であるといえましょう。

 もうひとつは、宗教施設のなかで臨済宗の寺院に優れた美術品が集まっているということです。

 前崎先生は、なぜ宗教的施設に美術品が集まるのかという点について「有名な画家が一所懸命描いた絵画や彫刻の多くが宗教的なものだからです」と書いておられます。同時に「飛鳥時代奈良時代の美術品は、法隆寺などの奈良の寺院や正倉院にあるものがほとんどです。平安時代から鎌倉時代にかけての美術品の多くは、最澄が興した比叡山延暦寺を本山とする天台宗空海が興した高野山を本山とする真言宗の寺院が所有しています。そして室町時代から江戸時代くらいまでの日本美術の名品の多くは、臨済宗の禅寺が所有するものが多いです。逆に、信者数から見れば日本を代表する宗派と言える、浄土宗や浄土真宗といったお寺には、臨済宗ほどには美術の名品が所有されていません」と書いておられます。これはとても面白い指摘であると思います。 

 前崎信也先生は、ご著書の中で日本と中国の関係にも触れており、また、現在、異常気象やパンディミックという事態のなかで、わたしが、飢饉や疫病などが流行り、南北朝の動乱応仁の乱という戦乱があった室町時代に関心を持っていることもあり、ここでは室町幕府の三代将軍足利義満(1358~1408)を例に、権力者がどのように美術品を集めたのかその経緯を見てみたいと思います。次いで、寺院のなかでなぜ臨済宗の寺院に美術品が多いのか、仏教の流れのなかでフォローしてみたいと思います。

 まずは、三代将軍足利義満です。 

 

  義満は、室町幕府の最盛期の将軍であるだけでなく、公家文化を若くして身につけ、武家として従一位太政官という最高の官職まで登りつめ、その半年後には出家したという人物です。

  NHKの「京都 千年蔵」によると、出家した十一年後に、義満は大原の僧四人を引き連れて、天皇家の法要で皇族や公家以外に門外不出であった秘曲という声明(しょうみょう)を唱えたといいます。これは武家出身の義満が、まだ南北朝の動乱のさめやらぬ時代において国家的な仏事を仕切ることで、公家だけでなく宗教界においても、国家の頂点に立つ絶対的な権力者であることを示そうとしたものといいます。

  また出家した二年後に富と権力を誇示するために、のちの鹿苑寺金閣となる北山第の造営に着手し、明の使者を北山第に招き、明朝と通商を結び、日本国王の号を贈られ、日明貿易で莫大な富を手に入れたといいます。

  こうして室町幕府が、日明貿易を一手に掌握したことにより、中国の舶来品が次々と日本に入ってきて、義満が造営した花の御所といわれる室町第、さらにはのちに「金閣寺」と称される舎利殿のある北山第には、財力に物をいわせて集めた「唐物」といわれる中国舶来の高価な仏像、陶磁器、絵画、彫刻、調度、書物などが所せましと陳列されていたといいます。

  当時、中国の文物はおおいに珍重され、武家も公家も唐物として崇拝し、競って手に入れようとしていたのです。こうした唐物を室町幕府が一手に掌握したことは、室町幕府にとって大いに役立ったといいます。

  というのも、室町幕府が政治権力を握ったとはいえ、公家文化の象徴である朝廷の文化的・伝統的権威を崩すことは容易ではなかったからです。それを崩すためには武家の文化を創造し、多くに人々に納得させる必要があったのです。そうした状況のなかで、大陸の文物が大量に流入することにより、朝廷の文化的優位性を相対的に弱めることができたのです。義満が「花の御所」の室町第や「金閣」を建て、そこに唐物を陳列したのは伝統的な公家文化をしのぐ武家の文化を見せる必要があったのでしょう。

  ところで、義満は、機嫌のよいときは軽口をたたき愛想もよかったそうですが、大変な気分屋で一度機嫌をそこねると、大変な仕打ちをして没落する家臣も多かったといいます。こうした驕慢な権力者であった義満ですが、その一方で学問、芸能、遊宴、旅行など幅広い分野に通じ、和歌、和漢連句、猿楽、蹴鞠、香、立花、茶の湯などを好んだといいます。とりわけ義満が十七歳のとき、新熊野社で観阿弥の大和猿楽を見て以来、当時十二歳の美少年、藤若、のちの世阿弥を寵愛したことにより、それまで「乞食の芸能」といわれていた猿楽が武家の式楽となり、格式をもつにいたり、のちの能につながっていったのです。

  こうして義満は、当時の最高の知識人であった禅僧などを介して中国文化と武家風が結合した、都会的な北山文化をつくりだし、ひいてはのちの七代将軍義政の東山文化につながっていくのであります。若いころから公家の教養を身につけてどこか華やかさをもつ義満は、文化、芸能をたくみに使って自らの権力を演出する才能に恵まれていたといえるかもしれません。室町時代は、富をたくわえる人々がいる一方で、飢饉や疫病、度重なる戦乱で生活に困窮し、乞食、非人におちる人もいた乱世の時代でありましたが、そうした乱世の時代にあって義満は、毀誉褒貶はいろいろあるとしても希代の権力者といえるのではないでしょうか。

 

f:id:woodsidepark60:20210131220904j:plain

足利義満 NHK 「京都 千年蔵」より

   次になぜ臨済宗の寺院に優れた美術品が多いかということです。

 

  平安時代末から鎌倉時代にかけて、いくつかの新しい仏教が興ったそうです。

  そのなかで法然の浄土宗、親鸞浄土真宗日蓮日蓮宗などは、釈迦入滅二千年後の末法となった暗黒のこの世にあっては、一仏にたいして念仏を唱えることのみが救済の道であり、他の一切の仏神、いかなる修行も善行もなんの意味もないとして否定し斥けたといいます。

  また仏は地上のいかなる権力をも超越する存在であると説いたこともあり、鎮護国家を旨とする南都(奈良)の興福寺や北嶺の比叡山延暦寺などの既存の伝統仏教寺院から激しい弾圧、迫害を受けたといいます。このため、法然は土佐へ、親鸞は越後へ、日蓮佐渡流罪となったといいます。

  もうひとつの鎌倉新仏教である禅宗は、仏とは外部に存在するものでなく、自分のなかにある仏性を座禅によって発見することであり、それが成仏する道であると説いたといいます。また臨済宗を日本にもたらした栄西は、仏法と王法を対等とみなして両者の相互依存を説いたといいます。

  俗権との親和性があり、また草深い野から身を立てた武士と気風があったのか、臨済宗は時の北条政権から庇護を受け、建長寺円覚寺など鎌倉五山といわれる臨済宗の寺院が次々と建てられたといいます。

  鎌倉幕府滅亡後も、臨済宗は、足利尊氏の帰依を受けたこともあり、南北朝の動乱期に入って勢力伸長が著しく、南北朝の動乱で対立した後醍醐天皇崩御すると、足利尊氏は夢窓国師の助言もあり、また自らの権威を誇示するためにも、後醍醐天皇の菩提を弔うために天龍寺を開基し、夢窓国師を住持としました。

 さらに室町幕府は、幕府を開いた京都において、南禅寺を別格として先の天龍寺相国寺建仁寺東福寺などを京都五山と定めてその庇護下に置きました。このため、幕府の庇護下にある五山寺院は大いに発展し、既成の伝統仏教である比叡山延暦寺や南都の興福寺すらも圧迫するようになったといいます。

 これには無類の庭好きで山水癖があるとまでいわれていた臨済宗の高僧、夢窓国師の果たした役割も大きかったのでしょう。

 

f:id:woodsidepark60:20210207220625j:plain

夢窓国師

  一方、同じ禅宗でも、道元が日本にもたらした曹洞宗は、仏法を地上の権威を超える法とみなし、俗権と距離を置く姿勢があったこともあり、京都から遠く離れた福井に永平寺を開くなど地方の布教につとめ、「臨済将軍、曹洞土民」と称されたといいます。

 こうして時の幕府と近かった臨済宗は、先に触れたように、三代将軍足利義満の代になっても、日明貿易の交渉役に禅僧を活用するなど関係は密接で、禅宗風と武家風が一体となった鹿苑寺金閣、さらには七代将軍足利義政慈照寺銀閣に繋がったのであります。

  かくして、南北朝の動乱応仁の乱という戦乱、飢饉、疫病が蔓延した乱世である室町時代に、能をはじめ茶の湯、立花、俳諧連歌、造園など日本を代表する文化を生み出したといいます。

  気候変動、パンディミックなどまるで末法の世が再来したような今日、果たして何か新しい文化を生み出していくことができるのでしょうか、それとも、地球環境の悪化によって、人類滅亡の道をただひたすら突き進んでいってしまうのでしょうか。

 

      救われるのは一輪の花だけだろうか

f:id:woodsidepark60:20210207225045j:plain

 

   最後にわたしが前崎先生とご縁ができた経緯を簡単に触れさせていただきたいと思います。

  最初の出会いは、今から11年前、当時の愛知県陶磁資料館で近代国際陶磁研究会の「明治の京都」というシンポジュウムで前崎先生が「三代清風与平」のことを研究発表されていて名刺交換をしたことでした。その後、先生から連絡がありまして、わたしの祖父で京都粟田焼窯元であった錦光山宗兵衛関係写真を立命館大学アートリサーチセンターにてアーカイブス化していただきました。

 

f:id:woodsidepark60:20210208121307j:plain

   拙著『京都粟田焼窯元錦光山宗兵衛伝』の表紙に使用した

   立命館大学アートリサーチセンターでアーカイブス化した

錦光山宗兵衛の写真

©立命館大学アートリサーチセンター 錦光山和雄家蔵


 アーカイブスしたおかげで、2015年の秋に、当時京都の清水三年坂美術館の学芸員をされていた松原史さんから清水三年坂美術館で開催する「京薩摩展」に錦光山宗兵衛関連の写真を使わせてほしいという依頼があり、その仲介の労を取っていただいたのが前崎先生でありました。

f:id:woodsidepark60:20210208122421j:plain

松原史さま

 その後、拙著「京都粟田焼窯元錦光山宗兵衛伝」を出版するに際して、前崎先生に相談しましたところ「小説は五年もすると忘れられてしまいますが、もし著書を研究者に長く読んでもらいたいのであれば、文献資料の引用を多用し、その出所を一つひとつ丁寧に注記することです」とアドバイスしていただきました。

 また拙著でも紹介させていただきましたが「京薩摩で金彩が多用されたのは、ロウソクやガス灯などの薄暗い光を金の光沢で反射して部屋を明るくする効果があったから」というアドバイスをいただきました。

 前崎先生の何気ない物事を違った角度から見る、卓越したセンスにはただただ驚くばかりでした。それは刷り込まれた常識をもう一度見つめなおすよい機会となりました。先生のこうした卓絶したセンスは、中国、イギリスに留学された幅広い学識とあまたの美術・工芸品を見てこれらたことによりもたらされたものと思われます。そうしたセンスがご著書の「アートがわかると世の中が見えてくる」の随所に見られます。

 ここに改めて前崎信也先生に感謝の意を表させていただきたいと思います。 

 

f:id:woodsidepark60:20210208131952j:plain

金彩のまばゆい錦光山宗兵衛の京薩摩

錦光山和雄家蔵

 ©錦光山和雄All Rights Reserved

 

#前崎信也 #アートがわかると世の中が見えてくる #京都女子大学

室町時代 #足利義満 #鎌倉仏教 #歴史が好き #臨済宗

#錦光山宗兵衛

#京薩摩

 

アーティゾン美術館で「琳派」の系譜を見る

f:id:woodsidepark60:20201129095311j:plain

  

 アーティゾン美術館の「琳派印象派 東西都市文化が生んだ美術」展を見てきた。

 同展によると、琳派というのは、京都の裕福な呉服屋・雁金屋の次男で尾形乾山の兄であった尾形光琳(1658-1716)の「琳」から付けられた名称であるが、師として直接教えを受けたのではなく、残された絵を見て学ぶ、「私淑」という形で繋がれたきたものだという。

 その始まりは、江戸時代初期画家の俵屋宗達(1570-1643)であるという。彼の代表作は「風神雷神図屏風」だが、それは後期の展示らしく、その代わりに、「舞楽図屛風」が展示されていた。

 「舞楽図屛風」は、仮面をかぶって舞う姿が、どこか中世の不気味さを感じさせるとともに、また一方で申楽のような滑稽な面白さを感じさせえる不思議な絵のように思われた。それにしても、宗達の絵には、どこか雄渾な安土桃山の気風があり、彼が桃山時代から江戸時代に日本美術の流れを橋渡ししたという説もうなずける。

 

f:id:woodsidepark60:20201129102807j:plain

 

f:id:woodsidepark60:20201129102847j:plain

 

 ところで俵屋宗達は、京都の上層町衆であり、鷹が峯で漆芸や書、陶芸で有名な本阿弥光悦(1558-1637)の引き立てで絵師として名を成したそうだが、本阿弥光悦家は足利尊氏の時代から刀剣の鑑定をしてきた名家だという。

 室町時代といえば、足利政権の基盤が弱く、世は乱れに乱れたそうである。いわば漆黒の闇のなかで鬼が跋扈する気配を感じるような不安に満ちた時代であったのではなかろうか。私にはそれは世界の分断が進み、コロナという疫病が蔓延して、人々が失職して飢えるのではないかと恐れ、不安にさいなまれている今日に似ているような気がしてならない。

 それはともかく、室町時代は乱世でありディストピアの世界であったにもかかわらず、面白いのは、公家文化の呪縛に苦しみ、既成の貴族文化に一矢を酬いたいと望んでいた、三代将軍義満が若き日の世阿弥を寵愛し、そうしたなかで能、狂言茶の湯、生け花、連歌、庭園などの日本文化が生まれたことである。 

 さらに義満の寵愛を受けた世阿弥佐渡島に配流されるなど不遇の晩年を迎えるが、河原乞食とさげすまされた申楽の地位を引き上げようと生涯を賭して懸命に努力し、ついには能として貴族文化をしのぐ幽玄の世界を築き上げたことである。

 そこに室町時代の奇妙な面白さがあり、人間という不可思議な存在の一面を知るヒントが隠されているのではないだろうか。

 そしてそれは、それまでの貴族文化とは異なり、武家文化と渾然一体になりながらも、町衆の文化の誕生といえるのではなかろうか。それが可能になったのは、京都や堺に裕福な町衆が登場したことであり、「琳派」はそうした流れのなかで育まれてきた美術といえるのかもしれない。

 さて尾形光琳の作品では「孔雀立葵図屛風」が展示されていた。立葵のすっつくと天に伸びるたたずまいと羽を広げて丸みを帯びた孔雀の対比が際立っているように思われた。

 

f:id:woodsidepark60:20201129110844j:plain

f:id:woodsidepark60:20201129110938j:plain

 

 さらに琳派の系譜をみてみると、姫路藩主の酒井家の出で江戸琳派を興したといわれる酒井抱一(1761-1828)の代表作「夏秋草図屏風」は展示されていなかったが、その弟子である鈴木其一(1795-1858)の「藤、蓮、楓図」および「富士筑波山図屏風」が展示されていた。富士山や筑波山の高峰もさることながら、筑波山を望む湖畔の墨で描かれた茅屋(ぼうおく)に風情をそそられるのはどうしてだろうか。

 

f:id:woodsidepark60:20201129112626j:plain

f:id:woodsidepark60:20201129112654j:plain

f:id:woodsidepark60:20201129112725j:plain

 

f:id:woodsidepark60:20201129114058j:plain

f:id:woodsidepark60:20201129114154j:plain

f:id:woodsidepark60:20201129114328j:plain

 

 また同じく酒井抱一の弟子で鈴木其一の弟弟子にあたる池田孤邨(1803-1868)の大胆な構図の「青楓朱楓図屛風」も展示されていた。

 

f:id:woodsidepark60:20201129122612j:plain

f:id:woodsidepark60:20201129122653j:plain

 

 最後に1点だけ印象派のモネの「黄昏、ヴェネツイア」を上げておこう。この絵は、まさに印象派らしく筆のタッチが見られ、建物の輪郭も光のなかに溶け込んでいる。

 

f:id:woodsidepark60:20201129131303j:plain

 

f:id:woodsidepark60:20201130180232j:plain

 

 〇©錦光山和雄All Rights Reserved

 

 #アーティゾン美術館 #琳派印象派展    #琳派

俵屋宗達 #尾形光琳 #本阿弥光悦 #酒井抱一

印象派 #モネ

世界的な脳機能学者・苫米地英人博士のお父様、苫米地和夫様のご逝去を悼む

f:id:woodsidepark60:20200926141243j:plain

 

 世界的な脳機能学者の苫米地英人博士のお父様の苫米地和夫様が、9月20日午前8時22分、ご逝去なされました。苫米地和夫様は旧日本興業銀行(現みずほ銀行)常務、和光証券(現みずほ証券)社長・会長をなされ、日本証券業協会経団連などの理事を歴任された方で、私が大変お世話になった方であります。

 突然の訃報に接し、数々の思い出がよみがえり、悲しみに耐えませんが、苫米地和夫様を偲び、折々の思い出をつづらせていただきたいと思います。

 

 苫米地和夫様の数ある思い出のなかで印象が深いものといたしまして、お父様の苫米地英俊様のことがございます。

 苫米地和夫様が書かれました「緑丘と父」という手記によりますと、

 苫米地英俊様は、かかってくる相手を次々と跳ね腰で投げ飛ばすほど柔道が強かったので、当時姿三四郎のモデルになった人物を含めて四天王といわれる猛者がいた講道館の加納治五郎館長にスカウトされ、東京に出て来て東京外語英語本科に通っていたのですが、加納治五郎館長に「北海道に柔道を広めに行け」との一言で小樽高商へ赴任することになりました。

 その際にお母様の千代子さまが詠まれた歌があります。

 

 さい果ての小樽と聞けどわが胸に美しく咲く未知の花ありき

 知る人なき小樽に着きてホームに爆(は)ぜし夫(つま)への歓声われも浴びたり

 

 その時の情景が目に浮かぶような心に沁みる素晴らしい歌ではないでしょうか。

 

f:id:woodsidepark60:20200926154103j:plain

 

 小樽高商に赴任した苫米地英俊様は、今度来た先生の出鼻を挫こうと柔道部の猛者に道場に引っ張りだされたものの、「皆一緒にかかって来い!」と言って、五人を相手に電光石火のごとく全員を投げ飛ばしたそうです。さすがに柔道八段の腕前でございます。その後、苫米地英俊様は「正気寮」の寮監をしながら英語の教授として勤められ、商業英語の名著「商業英語通信軌範」を出版いたします。当時、苫米地英俊様は学生から「トマさん」と愛称で呼ばれていたそうで、

 トマさんの頭を叩いて見れば コレポン コレポン 音がする

と歌われたそうです。

なお、「コレポン」は「コレスポンダンス」の略です。

 

f:id:woodsidepark60:20200926160304j:plain

 

 その後、苫米地英俊様は商業英語と国際法の研究のためにオックフォード大学とハーバード大学に留学され、アメリカのハーバード大学ではのちに連合艦隊司令長官になる山本五十六元帥と一緒になり、元帥が戦死されるまで親交を結んでいたそうであります。

 そして今となりましては、大変貴重な山本五十六元帥直筆の苫米地英俊様宛ての手紙が苫米地家に残されております。

 

f:id:woodsidepark60:20200926161653j:plain

 

 苫米地英俊様は昭和10年に小樽高商の校長・学長になりますが、戦時中英語教育について軍部から売国奴呼ばわりされるなど厳しい批判を浴びたそうです。しかし、頑として軍部から英語教育を守り続けたという硬骨の人でもあります。

 戦後、日本を誤った道に進ませたことに官立学校の校長としての無力さを痛感し、戦後の復興に全力を傾注したいとの思いから政界に進出、民主自由党常任総務、自由党総務などを歴任することになり、55年の自由民主党設立にもかかわったのであります。

 お父様の苫米地英俊様のお話が少し長くなりましたが、苫米地和夫様はお父様が衆議院議員であった関係もあり、若くしてお父様の政治活動などを手伝い、宮沢喜一元首相などにとても可愛がれらそうであります。

 興銀時代の中国要人とのお話とか新日本製鉄とのプロジェクトとのお話とかいろいろ面白いお話をうかがいましたが、ここでは在りし日の苫米地和夫様を彷彿させるエピソードをご紹介したいと思います。

 苫米地和夫様は大変な音楽マニアでございまして、ご自宅でいつも最新のオーディオ機器に囲まれておられましたが、ソニープレイステーションで遊ばれている貴重なお写真があるので掲載させていただきます。なんとチャーミングな笑顔をされていることでしょうか。また谷川岳天神平(2014年11月4日~5日)でのお写真も掲載いたします。

 

f:id:woodsidepark60:20200926165822j:plain

f:id:woodsidepark60:20200928144447j:plain

f:id:woodsidepark60:20200928144601j:plain

f:id:woodsidepark60:20200926170143j:plain

 

 さらには毎年のように桜の季節には千鳥ヶ淵でお花見をいたしましたので、その頃のお写真も掲載させていただきます。

 

f:id:woodsidepark60:20200926170907j:plain

f:id:woodsidepark60:20200926170945j:plain

 

 お母様の千代子さまのご尊父佐久間信恭様は著名な英語学者でありました。佐久間信恭様の実父は、長崎奉行や京都奉行を歴任し、鳥羽伏見の戦いでは陸軍奉行並として幕臣を率いた旗本大久保忠恕様です。かの新選組局長近藤勇に名刀長曽袮虎徹を授けた人物でもあります。佐久間信恭様は大久保忠恕様の次男として生まれ、その後、旗本佐久間信久様の養子となっています。養父・信久様は歩兵頭などを経て、歩兵奉行並となり、鳥羽伏見の戦いでは総大将として出陣しますが狙撃され亡くなりました。死に際に従僕に「これからは文明開化の時代であるから泰西の学術を勉学させるよう」と遺言し、その遺言もあってか、苫米地和夫様の祖父佐久間信恭様は、明治・大正時代の著名な英学者となりました。明治24年に熊本の五高の英語主任教授になり、夏目漱石が「英語のことは佐久間先生にお聞きなさい」と言ったといいます。また小泉八雲と親交を結んだといいます。

 苫米地千代子さまは、「『潮音』」の歌人としての短歌を織り込みつつ、明治、大正、昭和にわたる長い生涯の思い出を綴った」(「苫米地英人博士の まえがき」より)自叙伝「千代女覚え帖」を出版されております。少女時代に「東京市本郷区西片町十番地ほの二十六号」に住んでおられたということで、出版祝いの帰りに苫米地和夫様がその地を訪れたときのお写真を掲載させていただきます。

 私といたしましては、苫米地和夫様が何としても出版したかったと思われます、お母様のご著書「千代女覚え帖」に一出版人として関われましたことが、せめてものはなむけになるのではないかと思っております。

 

f:id:woodsidepark60:20200926202553j:plain

 

f:id:woodsidepark60:20200926173651j:plain

 

f:id:woodsidepark60:20200926182057j:plain

 

 最後にご葬儀のことをお伝えしたいと思います。

 ご葬儀は2020年9月25日西麻布の永平寺別院・長谷寺(ちょうこくじ)にて苫米地グループ社葬として執り行われました。

 ご遺族の意向もございまして、コロナ禍ということもありごく少人数でございましたが、ご老師様をはじめ7名のご僧侶で営まれましたご法要は、大変格調高く立派なご葬儀で私はいたく感激いたしました。

 

f:id:woodsidepark60:20200926175239j:plain

 

f:id:woodsidepark60:20200926175318j:plain

 

f:id:woodsidepark60:20200926181423j:plain

 

 ご老師のお話では苫米地和夫様は「礼節を忘れるな、感謝の心を忘れるな」とおしゃっていたとのことですが、苫米地和夫様のお人柄は身近に接しておりました私にとりましても、優しいお人柄で物事を真っすぐに見られる高潔なお方という思いが強くいたします。

 

 最後に苫米地英人博士がご挨拶されましたが、

 苫米地和夫様は今春頃から体調がすぐれなかったようですが、コロナ禍ということもありまして病院に行くことが遅れ、今月に検査入院されましたところ手の施しようがなく2週間後に亡くなられたとのことでございました。

 また永平寺別院・長谷寺でご葬儀が行われましたのは、お父様の苫米地英俊様が永平寺で修行をされたこともあり、苫米地和夫様の遺言により執り行われたとのことでございます。さらにインドでは、ダライ・ラマ法王さま、ガンデンディパ法王さま、シャキャテンジン法王さまらにより3日間、苫米地和夫様の死を悼み、法要が行われているとのことでありました。また、イタリア王サヴォイア家皇太子殿下並びにサヴォイア騎士団長からも追悼のメッセージを頂きました。

 

f:id:woodsidepark60:20200926232517p:plain

 

 わたくしは、苫米地英人博士が「今日、父も無事、仏弟子になりました」という言葉がとても印象的でいまも頭に残っております。

 

f:id:woodsidepark60:20200927113011j:plain

 

 

f:id:woodsidepark60:20200926181344j:plain

 

    苫米地和夫様 

    興徳院寛厳和光居士

    行年 88歳

 

   心よりご冥福をお祈りいたします。

   安らかにお眠りください。

 

f:id:woodsidepark60:20200926183332j:plain

 

©錦光山和雄AllRightsReserved

 

#苫米地和夫 #苫米地英人博士 

#Dr.HidetoTomabechi    #KazuoTomabechi