錦光山和雄の「粟田焼&京薩摩」Blog

京都粟田窯元で「京薩摩」の最大の窯元であった錦光山宗兵衛の孫によ

#KINKOZAN SOBEI PICTURES MUSEUM (#錦光山宗兵衛陶磁器写真美術館)第二弾 Ⅰ 海外編(2)

f:id:woodsidepark60:20190222215643j:plain

 

(2)オックスフォード大学付属アシュモレアン博物館

        (Ashmolean Museum,University of Oxford)

 1 色絵菊花文透彫花瓶 七代錦光山宗兵衛 1900-1905年

   Earthenware vase Kinkozan SobeiⅦ 1900-1905

 

   アール・ヌーヴォー様式

f:id:woodsidepark60:20190222220114j:plain

 (2)色絵金彩農村風景図大皿 七代錦光山宗兵衛 1900年

   Earthenware dish  Kinkozan SobeiⅦ 1900

 

   「Japanese Decorative Arts of the Meiji Period」には遠近法が使われている

    と解説されている。

f:id:woodsidepark60:20190222220620j:plain

 (3)老農婦像 七代錦光山宗兵衛&沼田一雅 1900-1905年

   Ceramic figure of an elderly female famer  Kinkozan sobeiⅦ&Numata ichga 

          1900-1905

 

   錦光山宗兵衛と沼田一雅のコラボ作品

f:id:woodsidepark60:20190222221353j:plain

f:id:woodsidepark60:20190222221525j:plain

(4)青柳の図 七代錦光山宗兵衛 1901年 

  Blue  willow vase Kinkozan SobeiⅦ 1901

 

  これほどはっきりした箱書きがあるのは珍しい。

f:id:woodsidepark60:20190222222214j:plain

f:id:woodsidepark60:20190222222336j:plain

(5)色絵金彩鴨図花瓶 七代錦光山宗兵衛

  Earthenware vase  Kinkozan SobeiⅦ

 

  対になった花瓶

f:id:woodsidepark60:20190222222904j:plain

f:id:woodsidepark60:20190222223048j:plain

 

Thank you very much ,D.Phil Clare-san.

2020年にはオックスフォード大学・アシュモレアン博物館で明治日本の美術・工芸展が開催される予定です。

f:id:woodsidepark60:20190222223951j:plain

f:id:woodsidepark60:20190222224247j:plain

 

私の曾祖父・祖父の六代・七代錦光山宗兵衛について詳しくお知りになりたい方は、拙作「京都粟田焼窯元錦光山宗兵衛伝 世界に雄飛した京薩摩の光芒を求めて」をお読みください。

 The exhibition of Japanese Decorative Arts of the Meiji Period will be held in the Ashmolean Museum in 2020.

 

f:id:woodsidepark60:20190226145916j:plain

京都粟田焼窯元錦光山宗兵衛伝 -世界に雄飛した京薩摩の光芒を求めて

Kinkozan Sobei:the story of an Awata Kiln

A study of Kyo-Satsuma, Kyoto ceramics that touched the world

 

            ○©錦光山和雄All Right Reserved

 

 

#錦光山宗兵衛 #粟田焼  #pottery   #陶器 #陶磁器 #焼物 #陶芸

アール・ヌーヴォー #京薩摩  #薩摩焼   #satsuma   #kinkozan #京焼 #オックスフォード大学 #アシュモレアン博物館 #錦光山宗兵衛伝 #錦光山和雄  #錦光山

#Satsuma #University of Oxford #AshmoleanMuseum #artnouveau