錦光山和雄の「粟田焼&京薩摩」Blog

京都粟田窯元で「京薩摩」の最大の窯元であった錦光山宗兵衛の孫によ

青春18×2 君へと続く道ーせつない青春映画

 

 許光漢演じる18歳のジミーが、台南のカラオケ店でバイトしているある日、清原果耶演ずる日本人女性のアミが財布をなくしたのでここで働かせてほしいと訪ねてくる。

 

 


 アミに恋したジミーはシャイでその気持ちはとても伝えられないまま時間は過ぎていく。
 だが、オートバイの後ろに乗って台南を走りたいと言われてジミーは、アミを乗せて夜の台南を走る。高速道路や屋台街などを走る、また高台から眺める台南の夜景、その映像が美しい。

 

 

 シャイなジミーはそれでも何とか映画を二人で見にいくことができ、そのあと何とか手を握ることができる。アミもジミーのことを憎からず思っているようなのだが、突然、カラオケ店の壁に絵を描きおえたら日本に帰国すると言い出す。
 ジミーが、どうしてかと尋ねると、アミは年上の彼氏がいるような、つれないことを言って、ジミーをがっかりさせる。それでも最後にジミーはランタン祭にアミを誘い、二人はそれぞれの願いを書いて、夜空に紅いランタンを舞い上げらせる。そしてアミは二人が夢を実現させたらまた会いましょうと謎の言葉を残して去っていく。

 


 18年後、ジミーはアミのことを思い出し、その生まれ故郷、福島の只見を訪ねようと、日本に旅立つ。そう、この映画は18歳のときと18年後を交互に映し出す映画なのだ。
 ジミーが日本を旅して、スラムダンクの踏切や新潟のトンネルを抜けると、雪国のシーンや長岡の白いランタンを舞い上がらせるシーンが台南の紅いランタンを舞い上がらせるシーンとオーバーラップして映しだされて幻想的で美しい。
 藤井道人監督は台南や日本の風景をたくみに織り込みながら、ひとりの若者がどのように青春の意義をみつけ、その青春に決着をつけていくのかを描いて、美しくもせつない映画に仕上がっているのではなかろうか。

 

○©錦光山和雄 All Rights Reserved

#青春18×2 #君へと続く道 #清原果耶 #許光漢
黒木瞳 #黒木華 #松重豊 #藤井道人 #台湾
#台南 #ランタン祭 #Mr.Children  #記憶の旅人