錦光山和雄の「粟田焼&京薩摩」Blog

京都粟田窯元で「京薩摩」の最大の窯元であった錦光山宗兵衛の孫によ

BANKSY GENIUS OR VANDAL ?:バンクシー展 天才か反逆者か

LOVE  IS IN THE ATR

f:id:woodsidepark60:20200916172241j:plain

 

    横浜で開催されている「バンクシー展 天才か反逆者か」を見てきました。

 私はバンクシーというのは、街角の壁に落書きを描く、サブカル的でパンクなスト

リート・アーティストかと思っていましたので、彼がスタジオでいろいろな材料を使っ

て作品を作っていることを知り驚きました。

 

   BANSY STUDIO

f:id:woodsidepark60:20200916175135j:plain

  

 なぜ、バンクシーが世界中から注目され話題になるのか疑問に思っていましたが、今

回展覧会を見て、彼の作品が政治や戦争や暴力などの、私たちが関心を持つ世界の出来

事を取り上げて、シンプルでわかりやすく、皮肉とユーモアに満ちた、とてもストレー

トなメッセージをふくんでおり、それが世界の人々の心を捉えたからではないかと思

いました。

 バンクシーのメッセージは、ウイットに富んで面白いのですが、皮肉に満ちていて、

とても強烈です。その痛烈な風刺は消費主義や英国政治・王室に対しても向けられてい

ます。そのアンチ消費主義の象徴のひとつが、空から墜落する少女が手にする、どこの

スーパーにでも置いてある買い物カゴなのかもしれません。またキリストが持つ買い物

バッグもフラッグのパンツもユーモアに満ちています。

 

f:id:woodsidepark60:20200916205046j:plain

TROLLEYS

f:id:woodsidepark60:20200916205416j:plain

 CHRIST WITH SHOPPING BAGS

f:id:woodsidepark60:20200916205450j:plain

PANTS

f:id:woodsidepark60:20200916205535j:plain

 

 またイギリスの誇る英国議会や王室に対しましても、モンキー・クイーンやモン

キー・パーラメント、クイーン・ヴィクなど痛烈な風刺で容赦がありません。ただ、そ

こには、わたしが好きな、少しシニカルで諧謔で笑い飛ばす、おおらかで懐の深い英国

気質もまたあふれているように思われます。

 

MONKEY QUEEN

f:id:woodsidepark60:20200916211125j:plain


 MONKEY  PARLIAMENT

f:id:woodsidepark60:20200916211155j:plain

 

QUEEN  VIC

f:id:woodsidepark60:20200916211239j:plain

 

 さらに見ていきますと、バンクシーの本領は、戦争や暴力、それに対する抗議にある

ように思われます。ポリスや軍隊を描いた作品も多く、そこには全米オープンテニスで

優勝した大阪なおみが「私はアスリートである前に黒人女性です」と語った姿勢と共通

しているものを感じました。

f:id:woodsidepark60:20200917051328j:plain

f:id:woodsidepark60:20200917051628j:plain

 

 そして政治と抗議のその象徴的な作品が、石の代わりに花束を投げる若者を描いた作

品、LOVE IS IN THE AIRなのかもしれません。その花束は世界の人々の心にもっとも大

きな爆発を起こしたのかもしれません。

 さらには、爆弾を抱く少女、ミッキーマウスベトナム戦争の裸の少女、リボンを結

んだ軍用ヘリなど、組み合わせがなんとも絶妙で、その抗議の高まりをユーモアで包み

こみでいます。

f:id:woodsidepark60:20200917052123j:plain

 

 BONB   LOVE

f:id:woodsidepark60:20200916214240j:plain

 

  NAPALM

f:id:woodsidepark60:20200916214315j:plain

 

HAPPY  CHOPPERS

f:id:woodsidepark60:20200916214406j:plain

f:id:woodsidepark60:20200916214438j:plain

f:id:woodsidepark60:20200916215754j:plain

 

 またサザビーズのオークションで1億5千万円で落札された瞬間にシュレッダーで裁

断された「GIRL WITH BALLOON」、なぜバンクシーがそのようなことを仕掛けたのか

わからないですが、世界中の多くの人々の記憶に刻み込まれたことは間違いないでしょ

う。余白たっぷりの白地に赤い風船、陰翳の濃い可憐の少女、この構図は秀逸ではない

でしょうか。

 

GIRL   WITH  BALLOON

 

f:id:woodsidepark60:20200916221749j:plain

 

f:id:woodsidepark60:20200916221814j:plain

 

 この「GIRL WITH BALLOON」は2014年3月に「#WithSyria」と書き加えてネルソ

ン記念柱に投影されたそうです。正体不明の謎の人物、バンクシーはどうやらイギリ

スの港町ブリストル出身のようですが、彼のグラフィティ・落書きは、風雨に曝されて

消えたり、剥ぎ取られたり、消されたりする運命にあるようです。でも、なぜバンク

シーは落書きを描き続けているのでしょうか。その真意はわかりません。

 

 でも、もしかしたら、世の中にはフェイク情報があふれ、またそうでなくても、これ

までの慣習によって頭に刷り込まれた情報で動いている私たちにたいして、

  もう一度立ち止まって、自分の目で見てほしい

というバンクシーのメッセージが込められているのではないか、という気がしました。

 

  それは分断やポピュリズム、さらにはパンデミックや森林火災など、地球の将来が

ユートピアではなくディストピアになってしまう不安のなかでアートにメッセージ性が

強く求められるようになった、悲しい時代を反映しているのかもしれません。

 

   (RAT)

f:id:woodsidepark60:20200916225459j:plain

 

f:id:woodsidepark60:20200916222114j:plain

 

 WELCOME  TO  HELL !

f:id:woodsidepark60:20200916225612j:plain

 

  NO  BALL  GAMES

f:id:woodsidepark60:20200916225643j:plain


 

f:id:woodsidepark60:20200916225721j:plain

f:id:woodsidepark60:20200916231002j:plain

 

 ©錦光山和雄AllRIGHTSRESERVED

 

 #BANKSY   #GIRLWITHBALLOON

#バンクシー #アソビル #風船と少女 #ストリート・アーティスト

#グラフィティ #落書き #花束