錦光山和雄の「粟田焼&京薩摩」Blog

京都粟田窯元で「京薩摩」の最大の窯元であった錦光山宗兵衛の孫によ

水仙特別編

私が錦光山宗兵衛の作品を海外ではじめて見たのはロンドンでした。

 

 ロンドンでは、冬曇りの暗鬱な、ある朝、庭の片隅に黄水仙(golden daffodils)が咲いているのに気づいて、春の訪れを知ります。

  まるで天の啓示のように。

 いまでも黄水仙を見るとロンドンの香りがします。

 woodsidepark、ロンドン郊外の北の町、水仙と杏子の花咲くとても素敵な町でした。

 

 

 そして湖水地方を旅して、100年前の風景を今も保っている、鉄条網や柵の釘ひとつ同じもので。100年後も同じ風景を残す、ナショナルトラスト。

 幾多の追憶が積み重なった、変わらない風景に自然とともに生きる永遠への願いを感じます。

 

 湖水地方の湖畔に、佇む白い小さなワーズワースの家。

 

 ワーズワースの一遍の詩。

 

    The Daffodils

   I wandered lonely as a cloud

 That floats on high o'ev vales and hills,

 When all at once I saw a crowd,

 A host, of golden daffodils;

 Beside the lake, beneath the trees,

 Fluttering and dancing in the breese.

 

  From Wordsworth Poems ,

       PENGUIN BOOKS

f:id:woodsidepark60:20180313134719j:plain

 #水仙 #ワーズワース #追憶 #薩摩焼 #SATSUMA